鉄分の不足がシミをまねくメカニズムは

ほうれん草

 

体や肌の健康のためには欠かせない栄養素である鉄分。

 

特に女性にとっては鉄分の不足は深刻な問題で、鉄分を多く含んだ食材を積極的に食べたりサプリメントで不足分を補われている方も多いですよね。

 

鉄分不足というとなんとなく貧血になることを思い浮かべますが、実は鉄分には体の中の赤血球を作るための重要な栄養素であること以外にも女性にとっては特に大切な役割があります。

 

鉄分の働きとして第一は体を流れている血、赤血球を作るために必要なヘモグロビンの原料であること。

 

ヘモグロビンは体の中に酸素をいきわたらせるためには必要不可欠な成分です。また、筋肉や皮膚、骨など体を構成している大事な細胞組織の生成にも鉄分は使われています。

 

 

鉄分は大きく2種類ある

鉄分には大きく2つに分類され、それぞれ機能鉄貯蔵鉄と呼ばれます。それぞれの役割を確認しておきましょう。

 

機能鉄は体内の鉄分で約70%を占めており、赤血球の中のヘモグロビン、筋肉内でエネルギーの産生や酸素の運搬を担っているミオグロビン、そして活性酸素を除去してくれるカタラーゼや殺菌作用のあるペルオキシダーゼなどが含まれています。

 

貯蔵鉄は肝臓などで貯蔵されるフェリチンやヘモジデリンといった成分で、体内の鉄の残りの約30%を占めており、最近ではフェリチン不足による貧血が増えているとテレビでも話題になりました。

 

フェリチンは鉄の貯蔵庫で体内の鉄分が不足するとフェリチンに蓄えられた鉄から使われるようになりますので、ヘモグロビンの数値は正常でも貯蔵しているフェリチンが不足すると貧血になってしまうという仕組みです。

 

この状態はかくれ貧血と呼ばれており、日本人女性の1,000万人以上が知らず知らずのうちに患っているとも言われています。

 

体内の鉄分は酸素を運ぶ役割だけでなく、細胞を生成・代謝したり、必要な栄養素である鉄分が不足しないように貯蔵する役割があったりとさまざまな働きをしていますね。

 

特に女性は鉄分が不足しやすいので注意

食事をする女性

 

特に女性に鉄分は重要な成分だと言われている理由ですが、鉄分不足によって引き起こされるさまざまな体の不調が大きく関わっています。

 

女性の場合、男性と違い月に1回のペースで月経がありますよね。月経期間中は血液が体外に排出されることになるので鉄分不足になりやすくなります。

 

鉄分不足によって引き起こされる症状として貧血がありますが、立ちくらみや動悸、息切れ、顔色が悪くなってしまったりなどかなり辛いですよね。

 

そして貧血の症状が進んでいくと女性の場合、生理不順を引き起こす原因となってしまい、さらに生理不順になると不妊の原因となってしまいますので注意が必要です。

 

さらに鉄分は血液中の酸素を運搬するだけでなく、体の組織の細胞にまで影響しますので肌の美容にも悪影響が出てしまいます。

 

肌のハリがなくなっていたり、くすみがでてしまっているなど体の表に出る症状とあわせて、日常的にイライラしたり、集中力に欠けたりなど内面の症状もでてしまうのが鉄不足。

 

身体にも心にも悪影響を与える鉄分不足は、女性にとって深刻な問題といえますね。

 

鉄分不足のシミはこの食材でしっかり対策!

豚のレバー

 

体と心を健康的に保つために必要な鉄分は、日常の食事の中で意識して取り入れましょう。

 

1日に必要な鉄の摂取量は成人女性で12mg、成人男性で10mgと言われています。女性のほうが月経で鉄分を失いやすいので、男性より多めに摂取することが推奨されていますね。

 

鉄分というと肉のレバー類を思い浮かべる方が多いように100gあたりに含まれる鉄分が一番多いのは肉類で豚レバーです。

 

豚レバー100mgあたり13mgの鉄分が含まれており、鶏レバーは9mg、牛レバーは4mgとレバー類は総じて鉄分量が多いことが分かりますね。

 

魚介類では100gあたりに含まれる鉄の量が多いのがあさりが3.8mg、うるめ鰯が2.3mg、ほたてが2.2gとなっています。

 

そして野菜ではパセリがダントツの100gあたり7.5mgで小松菜が2.8mg、ほうれん草が2mgの鉄分を含んでいますね。

 

その他大豆には100gあたり8.6mg、ひじきにはなんと58.2mgもの鉄分が含まれています。

 

鉄分不足で起きる体の症状

不調の女性

 

鉄不足で起きてしまう体の不調として代表的なのが貧血ですが、貧血以外にも特に女性が気になる肌のターンオーバー機能の低下にも影響が出てしまうんです。

 

鉄分は筋肉や皮膚、骨など体を構成している大事な細胞組織の生成に使われていますが、体の中で活性酸素を抑える働きのあるカタラーゼという成分があり、カタラーゼは鉄がないと十分に生成ができません。

 

つまりは、活性酸素が紫外線などの影響で過剰に発生してしまった場合、その発生を抑える成分であるカタラーゼが生成されていないと、肌にシミやシワができてしまうという結果になってしまうということです。

 

また体内のコラーゲンを安定化させるヒドロキシプロリンという成分を生成するのにも鉄分とビタミンCが欠かせません。鉄が不足してコラーゲンが肌で安定しないとシワやたるみの原因となってしまいますよね。

 

鉄不足は貧血などの体の不調や精神的なイライラや集中力の低下以外にも、体の中でのさまざまな成分の生成や働きを助けることに関わっています。

 

鉄分が不足してしまうと体の中だけでなく肌のシミや心までどんどん不調になってしまうという悪循環に陥る恐れがありますね。

 

鉄分と女性ホルモンの深い関係とは

レクチャーしている女性

 

女性ホルモンである黄体ホルモン(プロゲステロン)は鉄分が不足すると分泌が低下します。

 

プロゲステロンは子宮を妊娠しやすい状態に整えてくれる働きがありますので、分泌が低下してしまうと子宮内膜の状態が悪化してしまったり、卵子が成熟を妨げてしまう排卵障害が起きてしまいますので、結果不妊に繋がってしまうのです。

 

また、プロゲステロンは皮脂の分泌を促し肌の代謝機能であるターンオーバーも促進してくれるという働きがあります。

 

鉄不足で分泌が低下してしまうと、肌のシミも消えにくくなったり、シワができやすくなったりと特に女性にとっては辛いもの。

 

さらには、肌の調子が悪いとそれもストレスになってしまい、精神的なストレスが女性ホルモンの分泌のバランスを乱すことにもなりかねません。

 

まさに、ココロとカラダの負のスパイラルともいえます。

 

女性とって鉄分は肌や体だけでなく心も一緒に健やかであるために必要不可欠です。

 

鉄分が不足して肌にシミができてしまうと、精神的なストレスになってしまう可能性もあり、女性ホルモンの分泌の乱れにも繋がってしまいます。鉄分は意識しながら摂取していくようにしましょう。