ペア食べのチカラで効果的にシミを改善する

オレンジとアボカド

 

シミの原因は紫外線、というのは間違ってはいませんが、そこまで単純な話でもありません。

 

メラノサイトが刺激されてメラニンが大量発生して残ってシミになる一連の過程を引き起こすには、さまざまな要因が絡み合っているといえます。

 

これはシミ改善についても同じで、この成分だけを取っていればOK!というわけではなくいろいろな有効成分をバランス良く取り入れることが大切です。

 

そこで大事なのが普段の食事です。

 

シミを増やすも減らすも、どんな食べ物(栄養素)を摂っているかが重要ですが、改善するのに有効な食材や食べ方などをいろいろ調べてみました。

 

特にいっしょに摂ることでより効果的な「ペア食べ」向きの食材は以下になります。

 

 

シミ改善はビタミンEとビタミンCペアが最強

できてしまったシミを消したい、シミ対策をしたいと考えたときにまずは体にシミを改善するための栄養素を補給することは不可欠です。

 

シミを改善するというと真っ先に思い浮かぶ栄養素はビタミンの中でもビタミンCではないでしょうか。

 

ビタミンCはもちろん多くの美容系栄養ドリンクやサプリメントにも配合されていますので、その効果は折り紙つき。そしてさらにビタミンEをあわせてとると更に効果が期待できます。

 

まずビタミンCは別名アスコルビン酸とも呼ばれており、美白といえばビタミンCを思い浮かべられる方も多いでしょう。

 

ビタミンCそのものの働きとしてシミの元になるメラニンの生成を抑制する効果、そして新陳代謝で排出されず肌に残ってしまったメラニンを普通の肌の色素に戻してくれる還元の効果もありますね。

 

さらに老化の元となる活性酸素を抑え、コラーゲンの生成も促してくれますので、老化防止も含めて体には必要不可欠な栄養素です。

 

そしてもう1つビタミンCの大きな働きとして一緒に摂取したビタミンEの働きを高めてくれる効果があります。

 

ビタミンEは別名トコフェロールとも呼ばれており、強力な抗酸化作用に注目が集まっていますね。

 

ビタミンEは「若返りのビタミン」とも呼ばれるほどで、ビタミンCより強力な活性酸素の抑制効果や体の代謝機能を高めてくれる非常に重要な栄養素です。

 

ビタミンCとビタミンEの食べ合わせるとそれぞれの相乗効果でさらに肌の細胞が活性化され、それぞれの抗酸化力が体に働きますのでよりシミの改善が早いと言われています。

 

ビタミンCが多く含まれる食材として代表的なのはアセロラ、パプリカ、パセリ、ゴーヤなどですね。

 

ビタミンEはナッツ類やアボカド、かぼちゃやほうれん草に多く含まれていますので、うまく料理や飲み物などで組み合わせて摂取できると良いですね。

 

フラーレンとビタミンCを一緒に摂るのもおすすめ

美肌といえばビタミンといわれてきましたが、最近注目されているのが新成分のフラーレン。

 

フラーレンは実は非常に高い抗酸化作用を持つ成分でなんとその効果はビタミンCの172倍とも言われています。

 

高い抗酸化作用から体の老化防止はもちろんですが、他にも肌内部の保湿成分を回復させてくれたり、活性酸素を抑えることでメラニンの生成を減らしてくれたりと肌には嬉しいことばかりの注目の成分なんです。

 

フラーレンが発見されたのは1985年のこと。フラーレンは60個の炭素分子のみで構成されており、次世代の美容成分としてだけでなくがんの治療などにも使用されています。

 

フラーレン自体にも高い抗酸化力がありますが、更に嬉しいのは一緒に摂取したビタミンCの抗酸化作用を安定させてくれる働きもあるということ。

 

フラーレンがビタミンCを守ってくれるイメージですね。最近ではフラーレン配合の化粧品などの商品も増えてきていますのでチェックしてみましょう。

 

ほかにもたくさん!シミ改善にいい食べ物

食卓

 

シミを予防するためには必要な栄養素を摂る必要がありますが、やはり栄養が偏ってしまっては本末転倒です。

 

シミ予防に効果のある栄養素や食べ物はビタミン類以外にもありますのでみていきましょう。

 

まず大事なのは体をつくるタンパク質です。タンパク質は肉や魚、大豆などに多く含まれており体の細胞の組織を再生するために必要不可欠なコラーゲンの元となりますので意識して摂取するようにしましょう。

 

そしてビタミンもCやEだけ摂ればいいということではなく、ビタミンB群も大事です。ビタミンB群は体の健康を保ってくれるビタミンで、特にB6やB2といったビタミンは積極的に摂るようにしましょう。

 

ビタミンB6はタンパク質の働きをサポートする大事な栄養素、そして女性ホルモンにも作用します。

 

特に月経前はビタミンB6の濃度が低下する傾向にあり、栄養摂取が十分でないと月経前のPMSの原因となってしまうとも言われていますね。ビタミンB6を多く含ん食べ物は主に牛・豚・鶏のレバー、バナナやさつまいもなどがあります。

 

もう1つ大事なのはビタミンB2で別名「発育のビタミン」とも呼ばれています。脂質をエネルギーに変えていったり、そして細胞の再生に不可欠なビタミンB2はもちろん肌のシミ予防改善には不可欠ですよね。

 

ビタミンB2もB6と同じく牛・豚・鶏のレバーに多く含まれていますし、牛乳やアーモンドからも摂取できます。

 

飲み物でもシミ予防!人気のスムージーやベジブロス

グリーンスムージー

 

シミ予防は食べ物や化粧品以外にも飲み物でもできますので日常生活の中にうまく取り入れていきましょう。

 

おススメはやっぱり一度に多くの栄養素が摂れるグリーンスムージーやベジブロスです。

 

最近では粉末状になっていてシェイカーなどで手軽に作ることができるものもあります。手作りする場合は、シミ予防改善の栄養素であるビタミンC,E、Bを中心にバランスよく数種類の野菜やフルーツで作ると良いですね。

 

ただしスムージーには注意点があります。朝スムージーを作って飲む場合、シミの原因となる「ソラレン」という成分が入った野菜フルーツは避けるようにしましょう。

 

ソラレンは別名光毒性物質といって光によって活性化してしまうんです。そして紫外線を吸収しやすくする働きがありますので朝に摂ってしまうと1日紫外線を吸収しやすくなりシミのもとになってしまいます。

 

ソラレンを多く含んでいるのはレモンやオレンジなどの柑橘類、セロリやキウイ、パセリなどがありますので気をつけましょう。

 

スムージーでおススメなのは抗酸化作用のある食材でトマトやりんご、アーモンドなどがあげられますのでうまく摂りいれてみましょう。

 

ベジブロスは野菜だけでつくる出汁のことで、最近特に注目されています。

 

今まで捨てていた野菜の茎やヘタ、皮などの野菜の栄養素ファイトケミカルという抗酸化物質に注目し、だしで効率よく摂取できるということでテレビなどでも話題になりました。

 

作り方は簡単で野菜のくず(茎、皮など)と料理酒、水を鍋で煮込んでざるでこすだけとお手軽です。

 

スムージーもベジブロスも大きな効果としては野菜やフルーツの抗酸化作用で肌や体の老化をブロックし、さらにシミの改善にも一役買ってくれます。

 

シミの原因となりかねないNG食材は?

NGをしている女性

 

シミの予防改善には必要な栄養素がありますが、もちろんNGな食材もありますので確認していきましょう。

 

NG食材は大きく2つあって、まず1つ目はスイーツ好きには不可欠な白砂糖です。甘いケーキや料理は確かにお腹も心も満たされますが白砂糖が入ったものは肌の大敵です。

 

白砂糖の主成分であるショ糖を体に取り込むと活性酸素を発生させ肌だけでなく体そのものの老化を引き起こしてしまいます。

 

いわゆる糖化とよばれる変化で、身体に不要な糖化生成物(AGEs)がたまるだけでなく直接的なシミの原因となりますので控えたほうがいいです。

 

2つ目は朝食などでも摂る方の多いコーヒーに多く含まれたカフェイン

 

カフェイン自体は適量であればさまざまな病気のリスクを軽減できるメリットがあると言われていますが、摂取のしすぎは禁物です。

 

カフェインの過剰摂取によって睡眠不足や血行不良が起きてしまい、結果肌のターンオーバー周期が乱れたり、肌の乾燥などの肌トラブルを招くことになってしまいます。

 

さらにカフェインはシミのもととなるメラニンを拡散させたり移動させたりする働きもあると言われており、シミができやすくなるということもありますので1日の摂取用量を守って摂るようにしましょう。

 

さまざまな栄養素をバランスよく摂るなら和食

和食の常備菜

 

シミの改善、そして美肌のためには必要な栄養素をバランスよく体に摂りいれていくこと、そして肌や身体を老化させる食材は避けることが大事です。

 

そこでおススメなのが和食です。日本だけでなく海外でも健康食として和食はポピュラーな存在です。

 

最近では「まごわやさしい」というフレーズがバランスのいい栄養摂取のめやすになると注目を浴びていますよね。

 

それぞれの頭文字が食材を表していて「ま⇒豆」、「ご⇒ごま」、「わ⇒わかめ」、「や⇒野菜」、「さ⇒さかな」、「し⇒しいたけ」、「い⇒いも」とお米を中心に1日の献立を作るとバランスよく栄養素が摂取できるというスタイルです。

 

「まごわやさしい」を意識して実践すると豆からはタンパク質、野菜からはビタミン、わかめからはミネラルなど肌に良いとされる食材が沢山摂れるようになっています。

 

毎日の体を作る食事は、肌のためにも栄養バランスよく摂っていくようにしましょう。