そもそも「毛穴がたるむ」ってどういう状態のこと?

毛穴たるみ記事のトップ画像

 

毛穴はお肌を保護するために皮脂を分泌したり、汗によって体温を調節したりと、体にとっては重要な働きをしていますが、トラブルの多い場所でもあります。

 

思春期にはニキビ毛穴やベタベタ毛穴に悩んだ方も多いと思いますが、年齢と共に毛穴の悩みも移行して、30代後半から気になり始めるのは毛穴のたるみです。

 

10代、20代でも毛穴が開くという悩みはありますが、これは皮脂や汚れで毛穴が押し広げられていることや、ニキビ跡になっていることが原因でした。毛穴は開いていたものの、たるみではなかったはずです。

 

30代後半から始まる毛穴のたるみは、主に鼻から頬に広がるエリアで起こります。毛穴は開いているだけではなく、下の方向へ垂れて縦に伸び、毛穴の形がしずく状や楕円形になっている状態を美容業界では「毛穴がたるんでいる」と表現します。

 

若い頃の毛穴の開きとの見分け方は、頬を手で引き上げたときに毛穴が目立たなくなるかどうかです。

 

鋭い方はもうお気づきですね、「それって、顔のたるみから毛穴のたるみが発生してるってこと?」。そうなんです。今までの皮脂による毛穴のトラブルとは原因が違っていますよね。

 

毛穴のたるみは「開いた毛穴」と「顔のたるみ」の複合したトラブルです。

 

ただの毛穴の開きはスチームや毛穴の詰まりを取り除くようなケアで改善されますが、毛穴のたるみはそれだけでは改善できないのはこれが理由です。

 

 

毛穴がたるむ主な原因は「加齢」にあり

年齢を感じる人のイラスト

 

毛穴のたるみにはいくつか原因がありますが、最も大きな原因は加齢です。加齢によって顔全体がたるむことで毛穴も雪崩のように引きずられてたるんでしまいます。

 

皮膚は表面から表皮、真皮、皮下組織、筋肉の層になっています。真皮の層でお肌の弾力を保っているのがコラーゲンとエラスチンです。

 

コラーゲンの網状の線維を、エラスチンの線維で固定して、ベッドのスプリングのように弾むようなハリを出しながら、その上に乗っている皮膚を支えています。

 

毛穴たるみのイラスト

そのコラーゲンとエラスチン線維の隙間を埋めるようにヒアルロン酸が存在しています。ヒアルロン酸は水分を真皮にキープして、お肌に潤いとハリを与えています。

 

年齢を重ねていくと、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が減少するため、ふっくら感がなくなり、元々開き気味だった毛穴が落ち込んで、出口の広いすり鉢状に開きます。

 

そして、お肌を支えられなくなり、顔全体が重力の方向へたるみ、毛穴も一緒にたるんでしずく型の毛穴が出来上がります。

 

また、加齢によってコラーゲンの質が落ちます。

 

コラーゲン鍋やコラーゲンゼリーを見たことがありますか?質の良いコラーゲンはまさにあのようなぷるぷるしたゼラチン状ですが、質が落ちたコラーゲンはぷるぷると言うより固めでずっしりしています。

 

古いコラーゲン自体が重りとなってたるみを作ることもあります。

 

紫外線を長期に浴びるのも毛穴のたるみの原因に

紫外線を気にする女性

 

紫外線対策は美肌の基本!紫外線はシミを作るだけではなく、毛穴のたるみも作ってしまいます。

 

地上に届く紫外線にはUVAとUVBがあり、UVBは夏場にシミや肌の火傷(日焼け)を作ることでよく知られています。

 

近年特に問題視されているのがUVAです。地上に届く紫外線の約95%がUVAで1年中、窓ガラスや雲を通過することができます。

 

UVAは、お肌の真皮まで届き、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作っている線維芽細胞を損傷します。

 

その結果、お肌の弾力を作る成分が減少してしまい、顔のたるみを生み出して、毛穴も一緒にたるんでしまいます。

 

紫外線は肌を乾燥させる作用もあるので、お肌の新陳代謝を低下させて古い角質を溜め込みやすくします。

 

たるみ毛穴の状態から乾燥が進むと、帯状毛穴への進行が早まります。

 

運動不足で汗をかかないこともたるみ毛穴の原因に

運動不足もたるみ毛穴の原因になるって知ってましたか?身体を動かすのが嫌い、、という方にはドキッとしてしまう話ですよね。

 

運動不足で汗をかかないことが習慣化されていると、汗の質が低下します。質の良い汗は水分が多いサラサラしていますが、質の悪い汗は水分が少なく、皮脂やたんぱく質が多く含まれてベタベタしています。

 

ベタベタ汗は角栓、毛穴詰まり、ニキビなどあらゆる毛穴トラブルの原因となり、毛穴を目立たせてしまいます。毛穴が目立った状態に顔のたるみが合わさると、毛穴のたるみも完成されやすくなります。

 

実は、運動はコラーゲンの生成にも関係があるんですよ。適度な運動をすると顔や手足がじんわり温かくなって火照りますよね。

 

運動後は血行がよくなります。血流に乗った酸素や栄養がお肌の細胞に届けられると、細胞の新陳代謝が活発になります。

 

線維芽細胞の新陳代謝が活発になればコラーゲンの生成が促されるので、顔のたるみが改善され、毛穴のたるみの予防・改善になるのです。

 

運動ってアンチエイジングにも効果があったのですね。特に冷え性の人に効果的!適度に取り入れて引き締まった毛穴とボディを手に入れましょう!

 

たるみ毛穴は放置すると進行して帯状毛穴に

たるみ毛穴をそのままにしておくと、たるみの進行とともにどんどん毛穴も広がり、縦隣の毛穴と繋がって線のようになることで、小じわが集まったように見えます。

 

この状態を帯状毛穴と呼びます。シワだけでもショックなのに、それが毛穴でできた線だなんて…恐ろしい現象ですよね。

 

この帯状毛穴を放置すれば小じわだったものが深く太いシワへと進んでいきます。

 

コラーゲンの減少が進むにつれて肌がたるみ、たるみ毛穴は帯状毛穴に進化していきますが、もうひとつ注意したいのが乾燥です。

 

加齢によるヒアルロン酸の減少や紫外線などでお肌が乾燥すると、ターンオーバーの周期が延びていき、古い角質が溜まってお肌がゴワつき始めます。

 

ふっくら感の無いお肌では毛穴の開きも目立ちやすく、乾燥から自身を守るために分泌する皮脂で毛穴のトラブルを起こしやすくなり、帯状毛穴への進行も容易になります。

 

帯状毛穴は、毛穴のたるみの進化形なので、改善するには毛穴のたるみの原因をひとつひとつ解決していくことになります。

 

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を増やして質を高めるケアをメインに、紫外線予防と紫外線を浴びた後のケア、エクササイズで汗をかくことも意識的に取り入れて帯状毛穴を防ぎましょう。

 

まとめ

年をとると顔(身体)のいろんな部位に嫌な変化が出てきますが、中でも美容に直結するのが毛穴。

 

とくに、加齢による毛穴のたるみは問題です。毛穴がすり鉢状に広がって目立ってしまい、しまいには帯状毛穴という深刻な事態を招きます。

 

キュっと締まった毛穴に大切なのはコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった成分。細胞のエイジングを効果的に防ぎつつ、毛穴にダメージを与える紫外線などをしっかりと防いでいきましょう。